Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会本番まであと約一カ月・・・

北大二年の白石です。

わたしは、大会マッパーという大役を仰せつかっています。
今までの仕事に関して言えば、まああの、本当にすみません、ほとんど役に立っていません。
しかし、あと1カ月あります。これからの1カ月は全力で働きます。馬車馬のように働きます。
調査結果はすぐに地図に反映するようにします。車も運転します。必要な物品は何でも作ります。

さて、意気込みを書いたところで、調査日記に移りたいと思います。
本来ならば、写真を使って、現地のリアルな様子を皆さんにお伝えして、「あー、やべー。北大大会に行きたくて行きたくてしょうがねぇ!」と思わせるのがこの日記の存在意義なのでしょう。
しかしながら、調査中に撮った写真が今は手元にありません。
この記事は、帰省先で書いているのですが、写真を持ってくるのを忘れたのです。
罪深き私をどうかお許しください。
私の拙い文章と、脳内補完とを併せてお楽しみください。

大会の行われるテレインは、北を千歳川、南をママチ川に挟まれた東西に長いテレインです。高速道路を境に、東側で青葉公園と接しています。
大会の最大のアピールポイントは、HPの随所に書かれているように、新千歳空港のすぐそばで行われる、ということです。東京近郊から静岡や栃木のテレインに行くのと、そんなに大差ない時間で来れるのではないでしょうか。最近は格安航空もたくさん就航しているので、交通費もあまりかからないと思います。

テレインを大雑把に表現すると、南北に斜面が広がり、中央はほぼ平坦で、わりとのっぺりとしています。
南の斜面は、尾根も沢も小規模です。北側の斜面には、高低差30メートルくらいの比較的大きな尾根や沢が何本か走っています。旧地図を見ても、それはわかると思います。あ、そういえばリメイクした地図のテレイン名はどうなるんですかね。
今回の地図製作では、レーザー測量を使っています。レーザー測量についての説明は、他の人が書いていたので割愛します。GPSで取った尾根線、沢線を地図上にプロットしてみると、等高線のくぼんだところ、出っぱったところが見事に一致します。レーザー測量の精度の高さに驚かされるばかりです。
現地で調査していても、「あれ?ここの尾根(レーザー測量の等高線と)ちょっと違うような・・・」と思っても、僕なんかよりレーザー測量の方が正確なので無視します。
・・・今、地図の精度が疑われるようなことを書きましたがご安心ください。
ちゃんと先輩が尾根や沢を補正してくれています。
ようは、僕の勘違い、力量不足なのです。

植生で一番特徴的なのは、何といってもい「一方向のみ通行可能な植林地」でしょう。これも影武者Yさんが詳しく書いているので省きます。ベタCやベタDもありますが、植生界ではっきり区切られているところが多いので、突っ込むのを極力避けるのは容易だと思います。今まで調査していて、なかなか藪が発達しているな、というのが正直なところですが、北海道は本州よりも早く夏が終わります。9月の終わりには幾分走りやすくなっている・・・・・・はずです。

点状特徴物は、穴や炭焼き跡などがありますが、斜面に集中していて、中央の平坦な部分にはあまりない、という印象です。

アスファルトで覆われた道は青葉公園内を除くとありませんが、小径以上の大きさの道がいくつか走っています。非常にわかりやすくて使いやすいと思います。一方向のみ通行可能な植林地と道のおかげで、随分と爽快に走ることができるでしょう。


いかがでしたでしょうか。
ちょっとでも北大大会の魅力が伝われば幸いです。
ご家族、お友達をお誘い合わせの上、皆様ふるってご参加ください。


おわり

クラーク巡り


北大二年の白石です。

みなさんご存じの通り、北海道大学はクラーク博士を教祖として崇める宗教団体なのです。
今回は、そんなクラーク博士にまつわる様々な名所をご紹介したいと思います。

まずは大学構内から。
正門から少し歩くと、観光名所にもなっているクラーク像が建っています。
受験シーズンにもなると、たくさんの受験生とその親たちが写真を撮っています。
しかし、大学にあるクラーク像は胸像です。
クラーク像は、明後日の方を手で指し示す全身像が有名ですが、これは羊ヶ丘という場所に建っています。
他にも大学構内には、あと5つか6つほどクラークの胸像があるそうですよ。
Wikipediaの「クラーク像」という項目にそう書いてありました。

大学構内のクラーク像から南にすこし歩くと、クラーク会館という建物があります。通称「クラ館」です。
別にこの会館自体は観光名所でも何でもありませんが、中に入るとクラーク食堂という食堂があります。生協が運営しています。
しかし、構内の他の食堂と比べて、特別違うメニューがある、ということはありません。普通のカレーやラーメンが食べられます。

また、構内には施設の名前が書いてある緑色の看板がたくさんありますが、そこにもクラークが描かれています。

では次に大学外のクラークスポットについて。
学食はいつも食べてるから別にいいや、という方は、クラーク亭という洋食屋さんはどうでしょうか。北12条店と北16条店の二つがあり、どちらも大学のそばにあります。1000円くらいでハンバーグが食べられます。マンガがたくさんあるので、時間を潰すことができます。

先に述べたクラークの全身像は、羊ヶ丘という、札幌の南東部の小高い丘に建っています。地下鉄東豊線に乗り、終点の福住駅で下車し、そこからはバスで向かうため、少し遠いです。入場料がかかります。バスを降りた瞬間に取られます。
クラーク像以外にも、お土産物屋さんと、雪まつりの資料館のようなものがあり、小一時間は楽しめます。

無題

ちなみに、羊ヶ丘は特にクラークと縁がある場所ではありません。観光用に作られたのでしょう。たぶん・・・。

縁がある場所としては、札幌市のお隣の北広島市が挙げられます。
かの有名な「少年よ、大志を抱け」という言葉は、クラークが北海道を去る際に、北広島市の旧島松駅逓所で、見送りにきた学生たちに残した言葉だとされています。旧島松駅逓所には、記念碑が建てられています。


おわかりいただけたでしょうか。
クラーク博士が、どれだけ北海道において神格化されているかが。

しかし、クラーク博士が北大の前身である札幌農学校にいた期間はわずか8ヶ月であった、という事実は意外と知られていません。また、「少年よ、大志を抱け」という言葉を、クラーク博士が本当に言ったかどうかも怪しいところだそうです。

でもまあ、クラーク博士という観光資源は、地元北海道に結構なお金をもたらしてくれているのでしょうね。


おわり

大会中の様子

ふぁいあぁぁぁああああ!!ホバージャックさん

札幌と千歳の気候を考える の巻

再び影武者Yです。

千歳の気候って結構ビミョーで札幌が気温30度になるならないで騒いでいても、千歳の朝晩は霧に覆われ日中はどんより曇っていたりします。札幌が日本海側気候に属するに対し、千歳は太平洋側気候に属するかららしいです。よって、札幌が天気で暖かいからとナメて半袖で出かけると寒くて凍えることもあります。本日もそんな曇り空で気温が25度くらいの予報だったので、「今日調査に行かないでいつ行くんだ!」と怠けた体にムチ打って調査にやってまいりました。やっぱり北大の名テレイン島松沢(現、走れ!島松環境保全地区)のあたりから蜘蛛がテレインを雲が空を覆ってきています。

まずは腹ごしらえ。千歳の超有名店「味の一平」でラーメンを食べてから行きます。s-DSCF5187.jpg
この店は朝10時半に開店し昼の3時で閉店、しかも日曜日定休となかなかハードルの高い店なんですが、いつも混んでおり今日も11時に入ったら店の中で6人列を作ってました。スタッフは全員女性。妙齢のおねえさんに「おミソですね。ありがとうございます」なんてソフトな対応に胸躍りながらも、行列から発せられる「さっさと喰って席空けろ」と言わんばかりの無言のプレッシャーが凄い店で相席必須。客回転も速く行列10分、席に座って1分ちょっとでラーメンが運ばれ、8分で平らげて会計1分、11時20分にははじき出されるように店外に出たのでした。その時間には店の外にも行列ができてました。儲かってまんなー(笑)

満腹丸で眠くなるのをこらえて入林します。アブと蚊ばかり寄ってきて萎えます。s-DSCF5189.jpg
人生の分かれ道は右に行くことにしました。

レーザー測量で描かれた原図等高線の正確さに改めて驚きます。あとは植生調査をもう少し頑張らなきゃね。前回レポに引き続き、一方向のみ走行可能な植林地(JSOM 411)ベタ緑C、走行低下度50%といったところの図です。s-DSCF5188.jpg
このレベルになると選んだ筋によって当たり外れがかなり大きくなります。

小径5番の道の取捨選択で悩ましいのがこの手の道s-DSCF5115.jpg
この道はまさにケモノ道でシカの通り道なんです。縦横無尽すぎて描ききれない。辿っていくと小凹地に着いたりして、そこはシカのウ○コだらけだったりします。

真夏なのに北海道でこんなに通行可能度がいいなんて感涙モノです。s-DSCF5190.jpg


みんなで倒木を運べば橋ができるはず。そうすればスタートへの近道ができるねs-DSCF5191.jpg





観光案内 札幌市北東部

はじめまして。北大OLC 3年目の道塚です。
札幌市北東部にある「モエレ沼公園」と「サッポロさとらんど」を紹介したいと思います。
この二つは隣接しているので、簡単に行き来できます。

まずモエレ沼公園
この公園はイサム・ノグチが設計した札幌市最大級の公園です。
パークOが開かれたこともあります。園内には、イサム・ノグチが構想した多彩な遊具や造形物があります。中でも、「プレイ・マウンテン」という高さ30メートルの斜面、標高60mの「モエレ山」(札幌市北東部で唯一の山)、ガラスのピラミッドが名所です。

次にサッポロさとらんど
こちらはモエレ沼公園の南西側に隣接している田園テーマパークです。
無料でバーベキューができます。道具や食材は売店で買えます。他には、野菜の収穫体験、アイスクリームやソーセージの手作り、乳製品製造工程の見学などの体験もできます。

札幌都心からは地下鉄+バスで行けます。お土産もいくらかあるようです。

モエレ沼公園へのアクセス
◎地下鉄東豊線「環状通東」駅から
中央バス【東69】「あいの里教育大駅前」行き「モエレ公園東口」下車
・中央バス【東79】「中沼小学校通」行き「モエレ公園東口」下車
・「サッポロビール博物館」発「環状通東駅」経由中央バス【東61】「中沼小学校通」行き 「モエレ公園西口」下車
◎地下鉄南北線「北34条駅」・東豊線「新道東」駅から
中央バス【東76】「中沼小学校通」行き「モエレ公園西口※」下車
◎上記の地下鉄駅からタクシー利用も可

Appendix

プロフィール

北大OLC

Author:北大OLC
北海道大学オリエンテーリング部のブログである。練習会や日々の出来事をなるたけ面白おかしく嘘も交えつつ書くことに余念がない。ただし、大会の告知は嘘をつかないことを誓う。来る者は拒まず、去る者も拒まず、新入部員募集中。
ホームページ
http://hokudaiolc.web.fc2.com/

連絡先
Blog担当榊原 orientering2014@gmail.com

最新記事

最新トラックバック

twitter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。