FC2ブログ

Entries

世界樹の迷宮作成元インデックスが倒産してしまいました

地図作成中の実行委員長です。

このカテゴリでは部員たちの調査日記という何かを掲載していく予定となっております。
まず最初は真面目にテレインの様子を写真でお伝えしたいと思います。


雪解け前の北海道。
川の水温はプラスの為普段は容易に渡れる小川が、冬は土壁ならぬ雪壁となってしまいます。
1mぐらいの土壁だったものが、土&雪で3m近い崖に・・!
冬-川



雪の解けた沢。
深い雪による浸食の影響でしょうか。
北海道には総じてU字に抉れた複雑な分岐を持つのあるテレインが多くなっています。
深い沢


また、このような沢底には炭焼き釜が多く見られます。
実際に炭がまだ残っていました。(穴中央と右側の縁)
炭焼き


このテレイン一番の特徴とも言える真っ平らな台地上に広がる植林地帯。
本州のテレインでは味わえない、どこまでも走っていける…そんな風景です。
植林地帯


しかし、植林方向に対して斜め方向には容易に横断することができません。
植林地帯ななめ




このテレインでは林のタイプには主に3種類あり、
パターン1:上記の新しい植林地
パターン2:ある程度年月がたった針葉樹林(エゾマツ)の植林地
パターン3:広葉樹(シラカバ)の原生林
があります。

ここまでは雪解け前の植生が非常に良い状態を撮っていたため、最新の植生状態を公開します。

パターン2
北海道ではなかなか見られない、栃木や愛知でおなじみのスーパーA地帯。
A林(エゾマツ)_R


パターン3
北海道では定番のシラカバ林。
概してクマザサを伴い、通行可能度が著しく低下する部分も含む。
この画像はぎりぎりAとなるシラカバ林。
A林(シラカバ)_R
まさに、「翠緑ノ樹海」とも言える場所です。(以下お遊び)
「樹海でのオリエンテーリングを始めるためには、いくつかのルールがある。君たち新米地図調査者は、樹海の
 地図を作る必要がある。」というわけで、私たちは地図作りを開始しています。



・・・!
B林(シラカバ)_R
見通しの悪いB藪の中で狂える角鹿と遭遇してしまいました。

もっと奥には森の破壊者熊がいるのでしょうか?!
生きて帰って地図作成というミッションを完了させたいところです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuchaam.blog.fc2.com/tb.php/93-fca15547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

北大OLC

Author:北大OLC
北海道大学オリエンテーリング部のブログである。練習会や日々の出来事をなるたけ面白おかしく嘘も交えつつ書くことに余念がない。ただし、大会の告知は嘘をつかないことを誓う。来る者は拒まず、去る者も拒まず、新入部員募集中。
ホームページ
http://hokudaiolc.web.fc2.com/

連絡先
Blog担当榊原 orientering2014@gmail.com

最新記事

最新トラックバック

twitter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数