FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuchaam.blog.fc2.com/tb.php/116-66cbbd88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラーク巡り


北大二年の白石です。

みなさんご存じの通り、北海道大学はクラーク博士を教祖として崇める宗教団体なのです。
今回は、そんなクラーク博士にまつわる様々な名所をご紹介したいと思います。

まずは大学構内から。
正門から少し歩くと、観光名所にもなっているクラーク像が建っています。
受験シーズンにもなると、たくさんの受験生とその親たちが写真を撮っています。
しかし、大学にあるクラーク像は胸像です。
クラーク像は、明後日の方を手で指し示す全身像が有名ですが、これは羊ヶ丘という場所に建っています。
他にも大学構内には、あと5つか6つほどクラークの胸像があるそうですよ。
Wikipediaの「クラーク像」という項目にそう書いてありました。

大学構内のクラーク像から南にすこし歩くと、クラーク会館という建物があります。通称「クラ館」です。
別にこの会館自体は観光名所でも何でもありませんが、中に入るとクラーク食堂という食堂があります。生協が運営しています。
しかし、構内の他の食堂と比べて、特別違うメニューがある、ということはありません。普通のカレーやラーメンが食べられます。

また、構内には施設の名前が書いてある緑色の看板がたくさんありますが、そこにもクラークが描かれています。

では次に大学外のクラークスポットについて。
学食はいつも食べてるから別にいいや、という方は、クラーク亭という洋食屋さんはどうでしょうか。北12条店と北16条店の二つがあり、どちらも大学のそばにあります。1000円くらいでハンバーグが食べられます。マンガがたくさんあるので、時間を潰すことができます。

先に述べたクラークの全身像は、羊ヶ丘という、札幌の南東部の小高い丘に建っています。地下鉄東豊線に乗り、終点の福住駅で下車し、そこからはバスで向かうため、少し遠いです。入場料がかかります。バスを降りた瞬間に取られます。
クラーク像以外にも、お土産物屋さんと、雪まつりの資料館のようなものがあり、小一時間は楽しめます。

無題

ちなみに、羊ヶ丘は特にクラークと縁がある場所ではありません。観光用に作られたのでしょう。たぶん・・・。

縁がある場所としては、札幌市のお隣の北広島市が挙げられます。
かの有名な「少年よ、大志を抱け」という言葉は、クラークが北海道を去る際に、北広島市の旧島松駅逓所で、見送りにきた学生たちに残した言葉だとされています。旧島松駅逓所には、記念碑が建てられています。


おわかりいただけたでしょうか。
クラーク博士が、どれだけ北海道において神格化されているかが。

しかし、クラーク博士が北大の前身である札幌農学校にいた期間はわずか8ヶ月であった、という事実は意外と知られていません。また、「少年よ、大志を抱け」という言葉を、クラーク博士が本当に言ったかどうかも怪しいところだそうです。

でもまあ、クラーク博士という観光資源は、地元北海道に結構なお金をもたらしてくれているのでしょうね。


おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fuchaam.blog.fc2.com/tb.php/116-66cbbd88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

北大OLC

Author:北大OLC
北海道大学オリエンテーリング部のブログである。練習会や日々の出来事をなるたけ面白おかしく嘘も交えつつ書くことに余念がない。ただし、大会の告知は嘘をつかないことを誓う。来る者は拒まず、去る者も拒まず、新入部員募集中。
ホームページ
http://hokudaiolc.web.fc2.com/

連絡先
Blog担当榊原 orientering2014@gmail.com

最新記事

最新トラックバック

twitter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。