Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラーク巡り


北大二年の白石です。

みなさんご存じの通り、北海道大学はクラーク博士を教祖として崇める宗教団体なのです。
今回は、そんなクラーク博士にまつわる様々な名所をご紹介したいと思います。

まずは大学構内から。
正門から少し歩くと、観光名所にもなっているクラーク像が建っています。
受験シーズンにもなると、たくさんの受験生とその親たちが写真を撮っています。
しかし、大学にあるクラーク像は胸像です。
クラーク像は、明後日の方を手で指し示す全身像が有名ですが、これは羊ヶ丘という場所に建っています。
他にも大学構内には、あと5つか6つほどクラークの胸像があるそうですよ。
Wikipediaの「クラーク像」という項目にそう書いてありました。

大学構内のクラーク像から南にすこし歩くと、クラーク会館という建物があります。通称「クラ館」です。
別にこの会館自体は観光名所でも何でもありませんが、中に入るとクラーク食堂という食堂があります。生協が運営しています。
しかし、構内の他の食堂と比べて、特別違うメニューがある、ということはありません。普通のカレーやラーメンが食べられます。

また、構内には施設の名前が書いてある緑色の看板がたくさんありますが、そこにもクラークが描かれています。

では次に大学外のクラークスポットについて。
学食はいつも食べてるから別にいいや、という方は、クラーク亭という洋食屋さんはどうでしょうか。北12条店と北16条店の二つがあり、どちらも大学のそばにあります。1000円くらいでハンバーグが食べられます。マンガがたくさんあるので、時間を潰すことができます。

先に述べたクラークの全身像は、羊ヶ丘という、札幌の南東部の小高い丘に建っています。地下鉄東豊線に乗り、終点の福住駅で下車し、そこからはバスで向かうため、少し遠いです。入場料がかかります。バスを降りた瞬間に取られます。
クラーク像以外にも、お土産物屋さんと、雪まつりの資料館のようなものがあり、小一時間は楽しめます。

無題

ちなみに、羊ヶ丘は特にクラークと縁がある場所ではありません。観光用に作られたのでしょう。たぶん・・・。

縁がある場所としては、札幌市のお隣の北広島市が挙げられます。
かの有名な「少年よ、大志を抱け」という言葉は、クラークが北海道を去る際に、北広島市の旧島松駅逓所で、見送りにきた学生たちに残した言葉だとされています。旧島松駅逓所には、記念碑が建てられています。


おわかりいただけたでしょうか。
クラーク博士が、どれだけ北海道において神格化されているかが。

しかし、クラーク博士が北大の前身である札幌農学校にいた期間はわずか8ヶ月であった、という事実は意外と知られていません。また、「少年よ、大志を抱け」という言葉を、クラーク博士が本当に言ったかどうかも怪しいところだそうです。

でもまあ、クラーク博士という観光資源は、地元北海道に結構なお金をもたらしてくれているのでしょうね。


おわり
スポンサーサイト

観光案内 札幌市北東部

はじめまして。北大OLC 3年目の道塚です。
札幌市北東部にある「モエレ沼公園」と「サッポロさとらんど」を紹介したいと思います。
この二つは隣接しているので、簡単に行き来できます。

まずモエレ沼公園
この公園はイサム・ノグチが設計した札幌市最大級の公園です。
パークOが開かれたこともあります。園内には、イサム・ノグチが構想した多彩な遊具や造形物があります。中でも、「プレイ・マウンテン」という高さ30メートルの斜面、標高60mの「モエレ山」(札幌市北東部で唯一の山)、ガラスのピラミッドが名所です。

次にサッポロさとらんど
こちらはモエレ沼公園の南西側に隣接している田園テーマパークです。
無料でバーベキューができます。道具や食材は売店で買えます。他には、野菜の収穫体験、アイスクリームやソーセージの手作り、乳製品製造工程の見学などの体験もできます。

札幌都心からは地下鉄+バスで行けます。お土産もいくらかあるようです。

モエレ沼公園へのアクセス
◎地下鉄東豊線「環状通東」駅から
中央バス【東69】「あいの里教育大駅前」行き「モエレ公園東口」下車
・中央バス【東79】「中沼小学校通」行き「モエレ公園東口」下車
・「サッポロビール博物館」発「環状通東駅」経由中央バス【東61】「中沼小学校通」行き 「モエレ公園西口」下車
◎地下鉄南北線「北34条駅」・東豊線「新道東」駅から
中央バス【東76】「中沼小学校通」行き「モエレ公園西口※」下車
◎上記の地下鉄駅からタクシー利用も可

国道12号線封鎖できません!!

こんにちは、2年目のベロニカです。

さあ観光案内しようかな……て、なんじゃぁこりゃぁぁ!! 他の部員の観光案内では北海道らしさが全然現れていないではないか! やはり非道産子に北海道の宣伝は無理なようだ…っ!。

てなわけで、この僕が北海道のなんたるやをお教えしましょう。それは、

北海道
→広大な大地
→日本一長い直線道路
国道12号線

だぁぁ!! なんと、「美唄市光珠内(こうしゅない)跨線橋 - 滝川市国道38号交差点間29.2kmは、日本一長い直線道路となっている」(ウィキより)んだべぇぇぇ!!(普段は標準語でもなまってしまう、この衝撃)

ぜひ一度ご覧になってください。そして滝川まで行っちゃってください。



なんか「!」がやたら多いですね。それでは、さようならぁぁぁ!!!

P.S.
タイトルは、「長い分、横道も多いから封鎖するの大変だよね」、という意味です。

O☆BI☆HI☆RO


 みなさん初めまして、北大OLC2年目の泉です。
 
 今回は、観光案内ということですが、札幌や千歳というテレインから近くのところに関しての情報はほかの部員に任せるとしておいて、みなさん!!せっかく北海道まで来たんだから少しは遠くまで行ってみたい…でも、時間があまりないなぁ、長くても1泊しかできないよ…と思ってはいないでしょうか?いや、思わないわけがない!!

 という訳で今回、みなさんに紹介するのはタイトルにある通り帯広です。帯広は北海道南東部の日高のあたりに位置している都市です。また、豚丼や十勝川温泉で有名で北海道の中でも有数な観光地です。

 そして、この帯広、なんと札幌や新千歳空港から1泊2日で行くことができるのです。

 今回は私が実際に札幌から帯広へ1泊2日で旅行した際の行程を載せますのでぜひ参考にしてみてください。

 1日目,朝8時 中央バス札幌ターミナル乗り場(地下鉄南北線大通駅そば)からポテトライナーに乗車、
        一路、帯広へ http://www.hokto.co.jp/
        このポテトライナーは札幌⇔帯広間を結ぶ都市間高速バスで、一日往復20便くらいでてます。
        因みに、新千歳空港⇔帯広間ではとかちミルキーライナーというバスがでています。

   午前12時ごろ 帯広駅到着、お昼ご飯を頂く
           おすすめ店①「元祖 豚丼のぱんちょう」(豚丼)http://www.tokachi-gurume.jp/pantyo.html
           この店は、とにかく豚肉がやばい!!香ばしい炭火の香りが食欲をそそります。
           おすすめ店②「インディアン」(カレー)
           帯広に何店舗もあるカレー専門店。帯広出身の友人に聞いたら、最初に教えてくれた店。
           おすすめメニューは「インディアン」。ほどよい辛さと値段は一度ご賞味あれ!!

   午後3時ごろ、バスで十勝川温泉へ向かう
          十勝川温泉には様々な温泉宿があるので、自分のプランにあったものを探しましょう。
          そして、温泉は何度でも入る価値があります。
          因みに、私が泊まったホテル「富士ホテル」http://www.fujihotel.jp/
          余談ですが、私はお金がなかったので素泊まりで、晩・朝飯をカップ麺で済ますという
          非常にひもじい経済的な食事を摂っておりました(泣)

 2日目、朝10時半 十勝川温泉発のポテトライナーへ乗り、一路札幌へ

     午後3時ごろ JR札幌駅着

 大まかにまとめるとこんな感じになります。お土産としては帯広駅前には六花亭やロイズといったお菓子の専門店があるのでそこで購入することをおすすめします。
 では、ぜひ北海道に来た際は帯広旅行をお考えください。
 ぼっちでも十分楽しめます(実話)

あらとん

福キョウセキのA木です。
札幌に来たら、一度は食べたいオイイシツケメン、あらとんのご紹介です。

札幌のらーめんウォーカーの2位を譲らぬ美味しいツケメン。魚介のあらをつかった、かなり濃厚なスープです。北大近くに支店があり、私は時々行きます。ツケメンうまいです。

けっこう、クセがありますが、クセになる美味しさです。

日によって、味が変わるので、それも魅力です。

800円ー1000円で食べられます。

私、あらとんだいすき。

あらとんのホームページをあげときます。

http://searesh.main.jp/araton.html

Appendix

プロフィール

北大OLC

Author:北大OLC
北海道大学オリエンテーリング部のブログである。練習会や日々の出来事をなるたけ面白おかしく嘘も交えつつ書くことに余念がない。ただし、大会の告知は嘘をつかないことを誓う。来る者は拒まず、去る者も拒まず、新入部員募集中。
ホームページ
http://hokudaiolc.web.fc2.com/

連絡先
Blog担当榊原 orientering2014@gmail.com

最新記事

最新トラックバック

twitter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。