FC2ブログ

Entries

LASER測量

こんにちは
北大OLC2年の小原です

今、北大OLCではLASER測量が話題ですね
自分は最近、所属学科の研究室訪問で光ピンセットの説明を受けた時に
LASERがでてきました
なにかしらLASERとの運命を感じますね

さて皆さんおそらく聞いたことがあるだろうLASERが
実は略語だということを知っていましたか?
自分は研究室での説明で初めて聞いてとてもびっくりしました

どうやらLASERとは
Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)
の略のようです
全然意味わかりません
調べれば調べるほど深みにはまっていきます
強い光を出すのにこんなことが行われていたとは・・・

んで、LASER測量は、「航空機に搭載したレーザー測距儀から地上に向けてレーザ光を照射し、
地上からの反射波との時間差より地上までの距離を求める測量」らしいです
つまりコウモリみたいな?
彼らは音を使うんでしたっけか
そんなレーザー測量は精度がよく、とても好評なようです

こんなすごい技術が使われた地図を使ってオリエンしてみませんか!?
というわけで、小原がお送りしました。

PS.
なんちゃらぺでぃあって便利ですね。
大学のレポートを評価するみたいにこの文章を
厳しく見ないでください
そうすればするほどぼろが見つかってしまったらいやなので・・・
でも、レーザー測量はかなり正確で期待できることはホントですよ!!

北大大会における傾向と対策

影武者Yです。
渡世の掟により表に顔を出すことはできません。

クマザサによる植生が代表するように北海道テレインは本州と比べればかなり趣が異なるのですが、今回もテレインプロフィールにもあるように何とも大陸的な感じがするテレインです。
旧地図を見ればわかるようにのっぺらとした中央部分とその南北の尾根沢で構成されており、尾根沢には炭焼窯跡なんかがいっぱいですが、のっぺり平地には点状特徴物は乏しいです。でも、このテレインの平地には一方向のみ通行可能な植林地という今まで見たことのない地図記号表現が特徴的です。
例えば、s-DSCF5177.jpg

この写真だと下手な道よりも明瞭ですが、90度横を向いてみると・・・

s-DSCF5178.jpg
ヤブに跳ね返されます。

でも、せいぜい樹木1本分ほどなのでかき分けて通過できないこともありません。しかし、縮尺1万では1本1本のヤブ筋を表記することはできませんのでどう表現すればよいか悩みましたが、今回はこの表現とすることにしました。
201308101.jpg
筋によって通行可能度には当たり外れがありますが細かすぎて表現できません。


航空写真で見るとこんな感じ。201308103.jpg



一方、限りなく走行困難のベタ緑なんですが、場所を選べば草をかき分けて通行することもできます。あまりお勧めはしませんが・・
s-DSCF5182.jpg
201308102.jpg

このテレインが人目に触れなかったのは平成16年9月の台風被害による倒木で林内が爆撃されたかのようにメチャメチャになってしまい、9年の年月を経てようやく大会ができるレベルに林が復活したのです。長年の復旧作業を思うと頭が下がります。s-DSCF5180.jpg


幼木保護のためのシカよけの柵(立入禁止)s-DSCF5185.jpg
 クマ目撃情報も怖いけど現実的にはいつも遭遇する馬かと思うくらいでかいシカの方が怖いです。イノシシのようにシカに突撃喰らったらひとたまりもありません。ふつうシカの方が逃げていきますのでワタクシ無事に生還できてます。


2日目会場となる向陽台小学校。交渉に行ったのは5月の終わりでまだ桜が咲いてました。話を聞いていただいたH谷先生、ありがとうございます。s-DSCF5034.jpg


s-DSCF5036.jpgこのバス停で降りたら小学校はすぐ。バスは住宅街を一筆書きのようにぐるぐる遠回りしてくるので元気な人は自己責任で「若草3丁目」で降りて歩いてくると5分ぐらい早く着くかもしれません。

この住宅街、妙に静かで北欧チック。車の往来はそこそこあるけど人気がない。s-DSCF5042.jpg


この住宅街を抜けて先週できたばかりの新千歳空港インター脇を経由すると空港ターミナルまで15分かからず到着。距離は15kmもあるんだけど信号が全然ないし車もそんなに走ってない。空港からこのルートで来ると人里皆無でどこに連れて行かれるんだろうと不安になると思うよ。
(タクシーで来る場合は千歳市内経由の方が2km距離が短くて安く来られます)

暑い中汗だくで調査した自分にごほうび。千歳乃湯「えん」というスーパー銭湯で汗を流してから帰りました。そういえばここは1日目会場への最寄りバス停前でした。2日目もバスでここを経由します。空港に戻る前にここでスッキリ汗を流してから飛行機に乗れば隣の席のおねえさんにも嫌な顔をされずに済むでしょう。

そういや空港内にも「万葉の湯」という入浴施設がありました。深夜料金と合わせて3千円で朝食も付いてるみたいです。千歳市内の宿が満室らしいので候補のひとつにしてみてはいかがでしょうか?

植生界調査における基礎的技法(2単位)

 
 どうも、観光日記に続いて連続投稿の北大OLC2年目の泉です。

 今回は、タイトルを大学の講義題目風にしてみましたが、私とて今年から調査を始めたばかりのペーペーであり、調査のイロハもよくわかってませんが、ペーペーなりにまとめてわかりやすく植生界調査の実態を伝えてみたいと思います。

 以下、シラバス風に
 科目名…植生界調査実習
 講義題目…植生界調査における基礎的技法
 責任教員…北大OLC、Yさん
 キーワード…調査法、植生界、GPS
 授業の目標…植生界調査の実習を通じて、今後の調査に必要な基礎的技法を学ぶ
 到達目標…1,調査における基礎的技法を理解する
      2,GPSの使い方を習得する
      3,一人で調査ができるようになる
      4,クマに関する正しい知識を身に着ける
 授業計画…1,調査地に入ってみる
      2,GPSを使ってみる
      3,まずは複数人で調査をする
      4,クマへの対処法を学ぶ
      5,実習と反省を繰り返す
      6,一人で調査を行う
 準備学習の内容と分量…予習は必要なし、毎回の実習の後に問題点と課題をまとめる等の復習を自主的に行う
 成績評価の基準と方法…出席率、実習における態度、調査後の地図の完成度等を総合的に評価する
 テキスト・教科書…特になし

 だいたいこんな感じですね。とりあえず言えることはGPSって偉大だね。最近はレーザー測量もその効果を発揮しています。
 しかしながら、私は間違いなくこの科目の単位を落としているでしょう(泣)再履修確定です。
 そこで夏休みに開講される集中講義「等高線調査で学ぶ発展的調査技法」によって単位の振替を狙います!!
 みなさん、北大大会で待ってます!!

夏休みに入ったことだし、前期の調査を振り返ろうか

どもども
初めての方は初めまして!北大OLC3年の横山です。

では早速調査日記を始めていきますよ
初めての調査、今まで入ったことのないテレインの調査だったため、驚きましたね
なんだここ、植林地がわんさかあるぞ!
あと、結構平らでだだっ広いんですね
去年の五輪樹の調査に比べると、やってて楽しさが感じられます

個人的な印象として、何とも北海道らしいテレインだとも感じましたね
なんか植物でかくね?

まぁ、実際にテレインに入ってみればわかりますよ、実際にそうなのか、私の感性がずれているのかは


そういや、レーザー測量にはびっくりしたなぁ
いっきに調査のやり方が変わり、ほとんどの人員を植生界に回すことになったのだから

そして今はもう夏休み
部員の半分ほどが本州出身の北大OLCからは大幅に戦力が削られます
夏合宿もあるし
よってこれからは9月までスローペースの調査になるんだろうね
ぼちぼちがんばっていきますわ
では、北大大会でお会いしましょう
アスタラビスター

調査者m本です。

地図作成の様子をお伝えしてみます。

20130721v9-21111111.jpg

一番左が今回使用した千歳市の現況図です。
非常に正確で便利だと思いながら使用していました。


地図作成途中に、なんと千歳市にレーザー測量データがあることがわかりました。
てっきり使用できる範囲は関東周辺だけだと思っていたので、非常に良い情報となりました。

真ん中はレーザー測量図を2.5m間隔でocad上に描いたものです。


まずは、この測量図でテレインを歩いてみました。
こんな小さい地形が実際にあるのだろうか、尾根の分岐点は一致しているのだろうか…等の視点でとりあえずテレインを歩いてみたところ、驚くほど正確なデータであることがわかりました。

この時点で、正直今ある北大テレインのどの地図よりも正確な地図となっています。


初めてのレーザー測量データ使用の為どう修正を行うか試行錯誤していますが、実際の地形と絶対的なレーザー測量データを見比べて、特徴的な地形を客観的に表せるように2.5m補助コンタを採用するかどうかを見て歩いて回っています。

並行して藪をとっていき、地図完成に向けています。

Appendix

プロフィール

北大OLC

Author:北大OLC
北海道大学オリエンテーリング部のブログである。練習会や日々の出来事をなるたけ面白おかしく嘘も交えつつ書くことに余念がない。ただし、大会の告知は嘘をつかないことを誓う。来る者は拒まず、去る者も拒まず、新入部員募集中。
ホームページ
http://hokudaiolc.web.fc2.com/

連絡先
Blog担当榊原 orientering2014@gmail.com

最新記事

最新トラックバック

twitter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数