FC2ブログ

Entries

ももクロときゃりぱみゅとMISIAとガンバと二郎

2013年3月31日…
ついに二郎が北海道に上陸する。
この日はライブ等もあり、多くの人が本州から押し寄せていた。

二郎の開店日はどの店舗も行列必至、100食の内ほとんどが本州民で占めることは容易に想像がつく…。

インスパ店として2年半前に出来た山次郎を愛するオリエン部員たちの中の一人として、二郎の初日100食に並ばないわけにはいかなった。




130331_101654.jpg
                        ラーメン二郎 札幌店

朝の気温は0℃前後。
午前8時に店の前に到着した時点でどうやら52人目であった。
午前6時の時点で20人程度であったらしい。

雪が降り始めると、みなさん驚きの様子。
ほとんど本州民、北大生は10人もいなかったのではないだろうか。





午前9時半ごろ、多店舗の開店日同様、開店を早めてオープン。
午前11時、ついに番が回ってきました!

130331_110911.jpg
                        小 650円

量は山次郎の300gよりやや多いぐらい?
豚の旨味がしっかりと出た乳化スープ、歯切れの良い麺…一番好きなタイプの二郎!

今まで日光にオリエンしに行く時にわざわざ東京で二郎に行っていた、もうその必要はなさそうで。(好みもあるが)

しばらくは、初物を求める札幌市民(去年餃子の王将ができたときに数か月大行列)で大行列となると思われるので、あまり待たなくなってきた頃から通い始める予定。


これからは、北大生の腹を満たしてくれるでしょう。

ブログの仕様変更について

ホームページ係でございます。
ブログの仕様を変えてみましたがどうでしょうか?
良いものに仕上がったという自信はあまりないのですが、精一杯努力をした結果ですので、温かい目で見守っていただけたらと思います。
さて、北海道の冬は厳しいものでして、冬にオリエンテーリングなどできたものではありません。山に入れば遭難してしまいます。まず雪に埋まって走れませんからね。
その代わり、スキーOというものがあります。スキーでオリエンテーリングをするものです。僕はやったことが無いのであまり詳しくはないのですが、下りは楽だが上りはつらいそうです。いつか誰かが体験談を綴ってくれることでしょう。
ところで今は札幌雪祭りをやっているそうです。
どんなんなんやろな~
これも誰かが写真つきで紹介してくれることでしょう。

ルポ3 ホヤ

このブログは私が占拠。

今回も自宅より。ホヤです。
ホヤは小さいころはオタマジャクシのように遊泳して、いい場所見つけると岩肌に噛みついてゴツゴツしたモンスターになるんだよって、小学生のころ本で読んで、非常に面白い生き物であるなと感じていたあいつ・・・。10年越しの再開だったのだ。。。本物を見たときはこれ食えるのかって思わざるをえない。

PB040015.jpg
処理前の写真はグーグルさんに任せて、処理後のホヤがこちら。
すごいねー手が磯の香りだよー。なんていうと聞こえがいいですが、サンマを処理した後の手の匂いです。くせぇwww
実学って感じがします。水産学部に任せておけばよいものを。

PB040016.jpg
水揚げされたホヤ。内臓みたいですね。っていうか内臓ですね。水気を切って竜田揚げにしました。
PB040017.jpg
割と失敗した図・・・。

食べてみたら噛み切れないのでハサミでカットしてeat in.
水で洗いすぎたのか思ったよりもクセのないグニグニ。4匹食べたのですが、肝を少し残したのが一番味がありました。なんか、一匹で十分ですね。珍味ってこんなもんだよね。
いつか新鮮なヤツを酢味噌とかで食べてみたいところ。
とりあえず手がクサいorz

食べレポ ver.2 サルナシ

はあ・・・、今年度の北大大会はあんの熊のやろーに阻害されましたとさ・・・。返金作業だぜ・・。参加者の皆さんの心の温かさが染み入るこの頃です。

さて、誰もブログを書かないから書く。うっちー仕事しろっ!!割とマジで。

PA260388.jpg
サルナシです。山野で採れる果物の中で最もおいしいと思います。
半分に切ったら分かるのですが、こいつはキウイフルーツと同じマタタビ科の植物で、味も荒々しいキウイです。

PA260389.jpg
こいつは生食が一番美味しいのですが、保存と安全のため、ジャムにします。
生で食べすぎたら、こいつの酵素か何かにやられました。舌のタンパク質が分解されて血が出ました…。
ピリッとする味、実は私の舌をぶっ壊している味。痛覚と感じさせないギリギリを攻める感じがヤバい。
ま、ま、ジャムにしたら酵素も失活するでしょう。
ヘタと下部の毛を取って・・・

PA260390.jpg
砂糖をどばーーーーーーーーーーーっと。ジャムって女性らしい食べ物って印象ですが、作り方は猛々しいですね。どばーーーーー。保存性を考えると砂糖は実の重量の50%くらい入れたいのですが・・・。

PA260392.jpg
グロいぜっ・・!! 着色料無添加だし、いたし方あるまい。
加熱とともに黄色味掛かってきますが、どういう化学反応なのでしょうか。

これをヨーグルトやパンと供に食べると実にうまい…。野生の果物であるにも関わらず、栄養面も優秀という優れものであります。
これの栽培を産業化しないのはなぜだろう…。難しいのかな?

山の幸を食べたい方は是非我が部へ☆
http://circle.iic.hokudai.ac.jp/hokuolc3179/

食べ物屋ルポ No.1 喫茶マウンテン

くまままままっ!!
真駒内に熊出没につき、北大大会の延期が決定されました
楽しみにされていた方には申し訳ありませんが、しばしお待ちください。

さてさて、我々大学生は夏休み。帰省中の私は、現在帰省先の近くに住むOBの南さん宅へお邪魔し、ゆっくりお話ししましま。その際に向かったのが 名古屋大学の近くにある「喫茶マウンテン」。噂のあんなメニューやこんなメニューを体験しにいきました。不思議系喫茶です。

以下写真です。

1.バナナスパ
 甘い・脂っこい・重い、宇宙系料理。温かいスパが生クリームを脂塊に変え圧し掛かる珍味。メイラード効果なのか、一口目の香ばしさや旨味は私に完食の兆しを見せましたが、四口目以降の脂っこさにそれは幻想だったのだと自覚しました。しかし、2人ならば食べきれる見事な量です。このバランス感覚。希望者がおりましたら札幌にて再現してさしあげますよ。

バナナナナナナ
GRP_0009.jpg

PA0_0208.jpg
PA0_0207.jpg

2.大人のお子様ランチ。
 ピラフに少年時代を彷彿とさせるレトルト感あふれる肉塊、国旗つまようじ、トマト・・・。かかっているのはケチャップではなくちょっぴり辛いチリソース。その辺が大人なのでせうか。こちらはピラフのシンプルな味付けに食が進みます。えっと、名前のパンチが強すぎました。割と普通・・・。
PA0_0020.jpg
GRP_0008.jpg

PA0_0085.jpg

PA0_0010.jpg




どちらも800円でいただけます。他にも宇宙を感じられるメニューがたくさん。是非どうぞ。
ちなみにこの喫茶の名前にちなみ、こちらへ食事に行くことを「登頂する」だとか「登山しにいく」だとかいうみたいです☆

Appendix

プロフィール

北大OLC

Author:北大OLC
北海道大学オリエンテーリング部のブログである。練習会や日々の出来事をなるたけ面白おかしく嘘も交えつつ書くことに余念がない。ただし、大会の告知は嘘をつかないことを誓う。来る者は拒まず、去る者も拒まず、新入部員募集中。
ホームページ
http://hokudaiolc.web.fc2.com/

連絡先
Blog担当榊原 orientering2014@gmail.com

最新記事

最新トラックバック

twitter

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数